タイ航空!バンコク-プーケット(TG225/202便)搭乗記!シートや機内食!

スポンサーリンク
海外旅行豆知識
この記事は約9分で読めます。
スポンサーリンク

どーも!「子連れさとん.com」管理人のさとんです。

 

2019年の夏の旅行でプーケットへ行ってきました。

アンダマン海の真珠」という呼び名に相応しい、きれいなリゾート地でした。

 

旅の行程は、関空からベトナムハノイで乗り継ぎバンコクへ入国、さらに、同日、タイ の国内線でプーケットに移動するという、なかなかハードな行程でした。

前回、前々回とベトナム航空での関空からベトナムハノイハノイからバンコクへのフライト情報をご紹介してきました。

 

ベトナム航空のハノイ-バンコク(VN619)便搭乗記!シートや機内食は?
ベトナム航空のハノイ-バンコク線(VN619便)に乗りました。ハノイとバンコクの位置関係や距離、ハノイ-バンコク間のフライトスケジュールを調査!使用機材A321のシートマップや機内食、機内エンターテイメントを徹底紹介します!

 

ベトナム航空の関空ハノイ(VN331)便搭乗記!エコノミーの機内食や映画は?
ベトナム航空!関空-ハノイ線(VN311便)に乗りました。VN311使用機材やシートレイアウトを調査!キッズミールを含めた機内食や、映画などの機内エンターテイメントを徹底紹介します!

 

今回は、タイの国内線、バンコクプーケット路線(TG225便&202便)についてご紹介したいと思います。

利用したタイ国際航空のバンコク-プーケット線の簡単なご紹介や機材、シートアレンジや機内エンターテイメントの有無、機内食について調べてみました

 

それでは、レッツゴー!

 

スポンサーリンク

タイ国際航空のバンコク-プーケット線のフライト事情

まずは、バンコクプーケット間のフライト事情についてご紹介しましょう。

 

プーケットはどこにあるの?バンコクからプーケットまでの距離は?といった基本情報はこちらでご紹介しております。

 

 

東南アジアのリゾート地として知名度の高いプーケットですが、なぜか日本から直行便が飛んでおらず、どこかで必ず乗り継ぐ必要があります

 

バンコク-プーケット間の運行スケジュールは?

プーケットへ向かう乗り継ぎ先としてはやはり、首都であるバンコクが多いと思います。タイ国際航空だけでも、プーケット行のフライトは、これだけ飛んでいます。

 

ちなみに、バンコクプーケット間のフライト時間はおよそ1時間半程度です。

 

便名
バンコク発-プーケット着-運行曜日-使用機材

TG201
07:45-09:10-毎日(A330)

TG203
08:30-09:55-毎日(747-400)

TG926
09:20-10:45--水-金-日(A350-900)

TG211
19:10-20:35-毎日(A330)

TG215
14:00-15:25-火-木-土(A330)

TG217
16:55-18:25-火-木-(747-400)

TG221
18:15-19:40-土曜を除く毎日 (747-400)

TG684
19:25-20:50-毎日(777)

TG225
22:40-23:59-毎日(A330)

(2019.10月末時点の運行スケジュールです。参考データですので、正確なフライト時間等は公式サイトで必ずご確認ください)

タイ国際航空だけで、最大1日9便バンコクからプーケットへ向けてフライトしています。

プーケット空港に乗り入れている航空会社

プーケット空港に乗り入れている航空会社は、タイ国際航空以外にも下記の航空会社が乗り入れています。

タイ
タイ・エアアジア

マレーシア
マレーシア航空 、エアアジア、ファイアフライ

(中国)
中国国際航空 、中国東方航空、中国南方航空、海南航空
上海航空、四川航空、吉祥航空 、春秋航空

香港
キャセイドラゴン航空
香港エクスプレス航空

(韓国)
大韓航空
アシアナ航空
イースター航空

(フィリピン)
セブパシフィック航空

シンガポール
ジェットスター・アジア航空
シルクエアー
タイガーエア
インドネシア・エアアジア

(オーストラリア)
ヴァージン・オーストラリア
ジェットスター航空

(中東)
エミレーツ航空
カタール航空

(欧州)
フィンエアー
アエロフロート・ロシア航空
S7航空

これだけの数の航空会社が乗り入れていて、タイ 国外各地から直行便がフライトしているのに
何故日本から直行便が飛んでないんでしょうね…

 

スポンサーリンク

タイ国際航空のバンコクープーケット線の機材を紹介!

ということで、ここからは、タイ国際航空のバンコクプーケット線についてご紹介していきましょう。

 

バンコクプーケット線での使用機材は?

タイ国際航空のバンコクプーケット線で使用されている機材は、(A330)(A350-900)(B747)(B747-400)(B777)の5種類あります。それぞれのシートマップを見ていきましょう。

 

A330のシートマップ!

 

タイ国際航空公式サイトより転載「https://www.thaiairways.com/ja_JP/index.page」

 

クラス 座席数 シートピッチ シート幅 リクライニング
ビジネス 36 147cm 51cm 167°
エコノミー 263 81cm 46cm 122°

A350-900のシートマップ!

 

seatguruより転載「https://www.seatguru.com/」

クラス 座席数 シートピッチ シート幅 リクライニング
ビジネス 32 - - -
エコノミー 289 - - -

 

B747-400のシートマップ!

 

タイ国際航空公式サイトより転載「https://www.thaiairways.com/ja_JP/index.page」

 

クラス 座席数 シートピッチ シート幅 リクライニング
ファースト 10 193 55 180°
ビジネス 40 152 51 167°
エコノミー 325 86 46 122°

 

B777のシートマップ!


タイ国際航空公式サイトより転載「https://www.thaiairways.com/ja_JP/index.page」

クラス 座席数 シートピッチ シート幅 リクライニング
ビジネス 34 155 51 163°
エコノミー 330 81 45 122°

どの機材も通路が2本ある、大型機が使用されています。それだけ利用客が多い、てことですね!

タイ国際航空のバンコクプーケット線で使用されている機材のシートレイアウトの詳細を調べるには、海外サイトになりますが、「シートグルー」や「シートエキスパート」といったサイトが便利です。

スポンサーリンク

バンコク-プーケット(TG225/202便)搭乗記

ということで、タイ国際航空バンコクプーケット線の搭乗記です。

 

往路が、バンコク22:40発のTG225便、

復路が、AM10:00発のTG202便でした。

 

バンコク-プーケット便の機内の様子

バンコクプーケット(TG225/202便)線の機内の様子をご紹介しましょう。

 

 

これは復路の202便の機内の様子です。機材はボーイング747-400でした。

往路のTG225便は疲れていたのか、機内の写真はありません(^^;

 

シートマップでご紹介したとおり、747-400は3-3-3のシート配列になっています。朝のフライトですが、そこそこ人は乗ってました。

 

国内線とはいえ、大型機が利用されていることからも、タイ国際航空にとって、バンコクプーケット線はドル箱路線(死語?)なのかもしれません。

機内エンターテイメントも、往復ともに、ちゃんと液晶ディスプレイが備わっていて、国際線のはずのハノイバンコク線よりも、設備は整っていました。

こっちは往路のA330の機内エンターテインメントです。

バンコク-プーケット便の機内食は?

バンコクプーケット(TG225/202便)線の機内食ですが、往路は22時40分バンコク発、復路も10時プーケット発というタイムスケジュールだったので、どちらの機内食も軽食でした。

 

メニューは、行きも帰りもパイのような、ナンのような柔らかい生地にチーズやデミグラスソースのような中身が入った食べ物でした。

 

よく見ると、「ソーセージクリーミーイタリアンソース」と「チキンカルボナーラ」て書いてありますね。

 

可もなく不可もない味でしたが、小腹を満たして機内の退屈をしのぐには、まあちょうど良い一品です。

何も出なくなった日本の国内線と違って、軽食でもちゃんと出るだけマシてもんでしょう(笑)

スポンサーリンク

まとめ

ということで、以上、「タイ航空!バンコク-プーケット(TG225/202便)搭乗記!シートや機内食!」をご紹介しました。

 

初めてタイ国際航空を利用しましたが、国内線とはいえ機材もキレイで、サービスも悪くなく、機内食もまあほどほどで、大きな減点材料もありませんでした。

 

日本からのフライトも機会があれば(安かったら、笑)利用してみようかなあ、と思った、タイ国際航空のフライトでした。ただ、タイ国際航空の安い航空券て、あんまり見かけないんですよねえ。

 

あなたのプーケット旅行の参考になれば幸いです。

 

それでは!

 

 

海外旅行保険は加入済ですか?
クレジットカードに自動で付いてくる海外旅行保険がオススメです!

 

エポスカード
EPOSカード

ファッションビル「マルイ」が発行しているカードです。

年会費はもちろん無料!即日発行可能!
マルイの店頭受取り可能!
旅行の前日に申し込んでも大丈夫!
(所定の審査はあります)

補償内容も年会費無料のクレジットカードの中では抜群!
<海外旅行補償内容抜粋>
・疾病治療費用 270万円
・携行品損害 20万円(免責3,000円)
補償内容詳細は下記URLでご確認ください。

Booking.comカード

カード会員はホテル予約サイトBooking.comの予約が最大16%OFF!

ホテルによってはレイトチェックアウトやウェルカムドリンクのサービスも無料で付いてきます。

年会費は当然無料で、海外旅行保険も自動付帯。
おまけに、今なら¥5000キャッシュバックキャンペーン中です!

<海外旅行補償内容抜粋>
・疾病治療費用 100万円
・携行品損害  20万円(免責3,000円)
補償内容詳細は下記URLでご確認ください。

三井住友VISAゴールドカード

年会費永年無料!ではないですが、
「カード年会費初年度無料キャンペーン中」です。
(通常年会費:税抜10,000円+税)

この機会にゴールドの補償内容をお試しください!

<海外旅行補償内容抜粋>
・疾病治療費用 300万円
・携行品損害  50万円(免責3,000円)
補償内容詳細は下記URLでご確認ください。

コメント