ホーチミンのフエハウスで晩ごはん!シャーウッドスイーツでシャワーを借りる!

スポンサーリンク
ベトナム旅行記
この記事は約9分で読めます。
スポンサーリンク

どーも!「子連れさとん.com」管理人のさとんです。

 

 

2019年夏に行った「3泊4日ホーチミン子連れ旅行記⑪ 最終回」をお届けします。

 

 

長いようで短かったホーチミン旅行の4日間が今回で終了です。

 

 

スイティエン公園で遊んだ前回からホーチミン市内へ帰ってきました。

 

 

 

最終回は、レストラン「フエハウス」で最後の晩餐を食べて、チェックアウト後も快適に過ごせた「シャーウッドスイーツレジデンス」の様子や、帰りのフライトについてご紹介します。

 

 

それでは、ホーチミン子連れ旅行最終回、レッツゴー!!

 

 

スポンサーリンク

「フエハウス」でホーチミン最後の晩餐!

 

スイティエン公園から帰ってきたら晩ごはんの時間。

 

ホーチミン最後の晩餐には、ベトナムの古都「フエ」の料理を食べられるレストラン「フエハウス」へ向かうことに。

 

 

ちなみに、フエの場所はこちら。ダナンホイアンの近くですね。

 

 

フエハウスは、当然ながらホーチミンにあります。

 

マスタービル(Master Building)というオフィスビルの屋上10Fにあるルーフトップレストランです。

 

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Nhu Lan Chu(@nhulan_1982)がシェアした投稿 -

 

地図はこちら。

 

住所: Rooftop41-43 Tran Cao Van Street, Dist.3. Ho Chi Minh
営業時間:10:00~22:00
休日:無休

 

統一会堂やベトナム戦争証跡博物館といった観光地にも近いので、ランチやディナーに利用しやすい立地です。ただ、ビルの下に特に看板が無いので、ちょっと右往左往しましたが、無事に到着。

 

 

 

10Fまで上がり、外に出ます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちょっとピンボケ気味ですが店内の様子がこちら。ドラマにでも出てきそうな中華風の内装で、個人的には好きな雰囲気です。

 

ルーフトップから眺めたホーチミン最後の夜景。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最初はルーフトップで食べる予定だったんですが、雨が降りそうだ、とのことで。店員さんに店内に案内されました。結局、降らなかったんだけど、ホスピタリティも合格点のフエハウスです。

 

 

てことで、美味しくいただいた料理の数々。春巻きは生より揚げが好きですね。

 

 

フエハウスのメニューや料理はこちらで詳しく!

 

 

この旅行を通して言えるのですが、ベトナム料理はクセがなく老若男女問わず美味しく食べられる反面、パンチも少なめなので、美味しいんだけど何食べたっけ?となってしまいがちで記憶に残らない優等生、みたいな感じだな、と思いました。

 

 

フエハウスでたらふく食べて、「シャーウッドスイーツレジデンス」へ戻ります。

 

 

スポンサーリンク

至れりつくせりのシャーウッドスイーツ

 

シャーウッドスイーツレジデンス」に戻ってきたのは夜の8時くらい。チェックアウトは済ませているので部屋には戻れません。

 

ロビーでちょっと休憩して、チェックアウト時に預けておいた荷物を取りに行きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

荷物をもらって、シャワーを浴びたいとベルボーイに伝えると、快くOKをいただきました。シャワーはプールに併設されているサウナを使ってください、とのこと。

 

お言葉に甘えてプールのある二階へ向かいます。途中にあるキッズルームやプレイルームも自由に使ってくださいな、とありがたいお言葉。実際は使うことはなかったけど、その心遣いがうれしいですね。

 

プールの受付で、シャワーを浴びたいと伝えてサウナの中へ。タオルも貸してくれます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キレイなサウナです。

入らないけど、誰もいなかったのでサウナの写真もパチリ。

 


シャワーを浴びずにホコリまみれで日本に帰るのと、さっぱりした体で帰るのとでは、フライトの快適さが全然違います。



シャーウッドスイーツレジデンス」チェックアウト後もシャワーを使えて、従業員の方のホスピタリティも素晴らしいオススメのホテルです。

 

 

ホーチミンに来ることがあれば、もろ手を挙げてオススメします!

 

スポンサーリンク

最終フライト!帰国へ!

 

シャワーも浴びてさっぱりしたら、名残惜しいけどいよいよ帰国の途につきます。

 

 

こちらの記事でもご紹介しましたが、

 

 

 

 

ホーチミンの空の玄関口は「タンソンニャット国際空港」です。


ホーチミン市内郊外にあり、市内中心部から8キロ程度とアクセスはすごく便利

 

惜しむらくは空港までの公共交通機関が無いので、帰りもGrabを呼んで空港へ向かいます。

 

最後の最後でちょっと変なGrabの運ちゃんに当たってしまって、移動中ずっと、よくわかんない言語が車内のスピーカーから流れてて、流れる音声に運ちゃんがさらに謎の言葉をかぶせる、という展開が延々と続く少々異様な車内になってました。

 

語学学習だったのか、誰かと電話で話してたのか、それとも、経典の暗唱でもしてたのか、今となっても謎が残りますが、ま、無事に空港まで送り届けてくれたのでよしとしましょう。

 

 

帰りのフライトは関空までの直行便です。ホーチミンAM0:15発 関空AM7:20着。バンコクからホーチミンへやってきた航空機とは比べものにならないくらい立派な機材でした。

 

 

 

大きなトラブルもなく、飛行機は予定通り日本に向けて飛び立ったのでした。

 

 

ホーチミン関空間の搭乗記についてはこちらでご紹介!

 

 

 

スポンサーリンク

まとめ

 

ということで、2019年夏のベトナム・ホーチミン子連れ旅行記最終回「ホーチミンのフエハウスで晩ごはん!シャーウッドスイーツでシャワーを借りる!」をお届けしました。

 

これにて、ホーチミン旅行もおしまい。ホーチミン旅行記の前にご紹介したプーケット旅行記と合わせて一繋がりの長い旅程でした。

 

 

プーケットホーチミン旅行記の一覧はこちらで!

 

 

2020年の夏はどこに行こうかな、なんて思ってた矢先にコロナが流行って、夏休みはまさかの近所を散策するだけになってしまいました。

 

 

いつになったら、前のように海外旅行に行ける日が来るのか、先が読めない日々が続きます。

 

 

ワクチンの接種も始まったので、コロナが早く収束してくれると良いなあ、と思いつつ日々を過ごしています。皆様もご自愛くださいませ。それでは!

 

海外旅行保険は加入済ですか?
クレジットカードに自動で付いてくる海外旅行保険がオススメです!

 

エポスカード
EPOSカード

ファッションビル「マルイ」が発行しているカードです。

年会費はもちろん無料!即日発行可能!
マルイの店頭受取り可能!
旅行の前日に申し込んでも大丈夫!
(所定の審査はあります)

補償内容も年会費無料のクレジットカードの中では抜群!
<海外旅行補償内容抜粋>
・疾病治療費用 270万円
・携行品損害 20万円(免責3,000円)
補償内容詳細は下記URLでご確認ください。

Booking.comカード

カード会員はホテル予約サイトBooking.comの予約が最大16%OFF!

ホテルによってはレイトチェックアウトやウェルカムドリンクのサービスも無料で付いてきます。

年会費は当然無料で、海外旅行保険も自動付帯。
おまけに、今なら¥5000キャッシュバックキャンペーン中です!

<海外旅行補償内容抜粋>
・疾病治療費用 100万円
・携行品損害  20万円(免責3,000円)
補償内容詳細は下記URLでご確認ください。

三井住友VISAゴールドカード

年会費永年無料!ではないですが、
「カード年会費初年度無料キャンペーン中」です。
(通常年会費:税抜10,000円+税)

この機会にゴールドの補償内容をお試しください!

<海外旅行補償内容抜粋>
・疾病治療費用 300万円
・携行品損害  50万円(免責3,000円)
補償内容詳細は下記URLでご確認ください。

コメント