プーケットからバンコクで乗り継ぎホーチミンへ!空港から市内への交通手段は?

スポンサーリンク
ベトナム旅行記
JESHOOTS-com / Pixabay
この記事は約7分で読めます。
スポンサーリンク

どーも!「子連れさとん.com」管理人のさとんです。

 

2019年夏にベトナムホーチミン へ行ってきました。第一回目の前回は、ホーチミン 旅行の予算や日程をご紹介しました。

 

 

今回から、いよいよホーチミン 3泊4日子連れ旅行記をお届けしていきたいと思います。

 

第2回目は、ホーチミン の空港到着からホテルへのチェックインまでをご紹介しましょう。空港からホーチミン 市内までの交通手段は何がおすすめなのか?や宿泊したホテルの様子もご紹介します。

 

それでは、レッツゴー!

スポンサーリンク

いざ!ホーチミンへ!!

ベトナムホーチミン にある国際空港は「タンソンニャット国際空港」と言います。場所はこちら。

日本からの直行便も多くフライトしており(2019年当時)ホーチミン 市街から10km程度とアクセスも悪くありません。

 

ただ、さとん一家が訪れたのは日本からではなく、タイ プーケットからでした。

 

というのも、今回のホーチミン は、ベトナム航空を利用したハノイ乗継バンコク経由プーケットホーチミン10日間周遊旅行の後半部分になるからです。

 

前半のプーケット旅行についてはこちらでご紹介しています。

 

プーケット発バンコク経由ホーチミン

ということで、8/6の早朝にプーケット空港に到着したさとん一家。

 

10時発のフライトなのですがチェックインカウンターはごった返してました。

 

プーケット空港はなかなか大きな国際空港で、プーケットへ立ち寄る前に乗り継いだハノイ よりも空港内の施設は充実していました。バーガーキングやマッサージ店、コンビニといった感じで時間つぶしも大丈夫そう。

それもそのはず。帰国後調べるとプーケット空港はヨーロッパ方面からも直行便が乗り入れる立派な国際空港。なぜ、日本から直行便が無くなってしまったのか?ちょっと疑問に思いますが、それはさておき。

 

 

 

プーケットからバンコク にフライトし、そこからホーチミン へ向かいます。バンコクプーケット間やバンコクホーチミン 間のフライトの様子や機内食はこちらでご紹介。

 

 

下の写真は、この旅では乗継でしか利用していないバンコク のスワンナプーム国際空港の様子。

 

タイ の首都の空港だけあって、とっても広くてきれい。もっと探検してみたかったけど、目的地であるホーチミン へベトナム航空でフライトです!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

タンソンニャット国際空港到着!

 

プーケットを10時に出て、バンコク で乗り継ぎ、ホーチミン に到着したのは8月6日の夕方17時ごろのことでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

空港出口はなんかすごい人だかり。人の多さと熱気に圧倒されつつも、ベトナムのお金を持ってないので、まずは両替をと思い、両替屋さんへ向かいます。

両替窓口の前をうろうろして気づきました。日本を含め、どこの両替屋さんでも、常に掲示されているレートが見当たらない。どの窓口も同じ状態で、ちょっと途方に暮れます。

 

とはいえ、無一文というのもかなり不安なので、意を決して端っこにある両替屋さんで五千円だけ両替をしました。

 

ベトナムの通貨はドン。一万ドンで50円程度なので、五千円も両替すれば、100万ドンももらえて、セレブにでもなった気分が味わえます。まあ、支払いも十万ドン単位で出てくので、セレブ気分はあっという間に、はがれ落ちちゃうんですが。

で、空港の両替屋さんのレートは、案の定悪かったです。そもそも、もらったお金のレートが本当に正規のレートだったかどうかは、いまだもって謎。

 

ベトナムの両替事情はこちらで詳しくご紹介!

 

 

タンソンニャット空港からホーチミン市内へ!

なにはともあれ、軍資金を無事にゲットしたので、ホーチミン 市内に向かいましょう。

 

タンソンニャット空港からホーチミン 市内への公共交通機関は、バスかタクシーのみとなります。安全性を考えれば旅行会社の送迎サービスなんかもオススメですが、金額もそれなりです。

 

タクシーのボッタクリを回避するなら、オススメは東南アジアの配車サービスアプリ「Grab」です。空港の迎車スペースでアプリをポチポチと触れば、あっという間に車中の人に。

 

そんなとっても便利なホーチミンのグラブの様子はこちら!

 

スポンサーリンク

ホーチミンの宿に到着!

空港を出てホーチミン 市内の宿に向かいます。

 

今回、4日間のホーチミン 滞在中にご厄介になるのは3区にある「シャーウッドスイーツレジデンス」というサービスアパートメント。

 

市内はちょうど、ラッシュアワーだったようで、すごい渋滞でしたが、渋滞しても運賃は定額の「Grab」に揺られて30分程度で「シャーウッドスイーツレジデンス」に到着。

 

 

 

 

ちゃんと車寄せもあるので、お土産を買いこんだ時にも横付けできて便利です。

 

チェックインもスムーズに済み、さっそくお部屋へ。

二つのベッドルームに、リビングやダイニングキッチンまで付いた部屋は、高級ホテルよりも豪華!

 

そんなゴージャスなお部屋なのに一泊一部屋15,000円程度と格安で、従業員さんのホスピタリティも良くって、大満足のお宿です。

 

シャーウッドスイーツレジデンス」の室内の様子や泊まった感想など、詳しいところはこちらで。

 

スポンサーリンク

まとめ

以上、「プーケットからバンコクで乗り継ぎホーチミンへ!空港から市内への交通手段は?」をお届けしました。

 

この日はプーケットを朝一で出発して、ひたすら移動の一日でした。地図で見るとこんな感じのルート。

プーケットからホーチミンへ直行できれば、この日はもう少し余裕があったのかもしれませんが、航空券のお値段を優先した結果なので、文句は言えません。

 

そんなわけで、プーケット旅行の最終日は移動で終わり、てことですがホーチミン 旅行初日はまだ続きます(笑)次回は晩御飯を食べに、ホーチミン の街へ繰り出します。

 

旅行記の一覧はこちらで!

それでは!

 

海外旅行保険は加入済ですか?
クレジットカードに自動で付いてくる海外旅行保険がオススメです!

 

エポスカード
EPOSカード

ファッションビル「マルイ」が発行しているカードです。

年会費はもちろん無料!即日発行可能!
マルイの店頭受取り可能!
旅行の前日に申し込んでも大丈夫!
(所定の審査はあります)

補償内容も年会費無料のクレジットカードの中では抜群!
<海外旅行補償内容抜粋>
・疾病治療費用 270万円
・携行品損害 20万円(免責3,000円)
補償内容詳細は下記URLでご確認ください。

Booking.comカード

カード会員はホテル予約サイトBooking.comの予約が最大16%OFF!

ホテルによってはレイトチェックアウトやウェルカムドリンクのサービスも無料で付いてきます。

年会費は当然無料で、海外旅行保険も自動付帯。
おまけに、今なら¥5000キャッシュバックキャンペーン中です!

<海外旅行補償内容抜粋>
・疾病治療費用 100万円
・携行品損害  20万円(免責3,000円)
補償内容詳細は下記URLでご確認ください。

三井住友VISAゴールドカード

年会費永年無料!ではないですが、
「カード年会費初年度無料キャンペーン中」です。
(通常年会費:税抜10,000円+税)

この機会にゴールドの補償内容をお試しください!

<海外旅行補償内容抜粋>
・疾病治療費用 300万円
・携行品損害  50万円(免責3,000円)
補償内容詳細は下記URLでご確認ください。

コメント