タイ・プーケットでGrabは安い?空港から市内ホテルへの料金を調査!

スポンサーリンク
海外旅行豆知識
この記事は約8分で読めます。
スポンサーリンク

どーも!「子連れさとん.com」管理人のさとんです。

 

東南アジアで役に立つライドシェアアプリ「Grab」の記事が人気の当ブログ。

 

 

ありがたいことでございます。m(_ _)m

 

そんなGrabは、悪名高い東南アジアのぼったくりタクシーを回避できて、安くて便利で安全なサービスです。ちなみに同様のサービスであるUberは東南アジアから撤退し、現在はGrab一択です。

 

Grabてなあに?という、あなたには、こちらの記事で詳しくご紹介しております。

で、今回はこの夏(2019年)に行ったタイプーケットでのGrab事情をご紹介いたします。

 

アンダマン海の真珠と称されるリゾート地プーケットでもGrabは安くて便利なのか?プーケット島内のビーチのご紹介や、Grabの簡単な使い方と合わせて、プーケット空港から市内のホテルまでの料金や感想をご紹介したいと思います!

 

それでは、レッツゴー!

 

 

スポンサーリンク

プーケット市内の有名ビーチの場所は?

プーケット国際空港から市内へ向かうGrabについてご紹介する前に、プーケットの有名なビーチを3つばかりピックアップしておきます。というのも、プーケットのホテルの大半はビーチエリアにあるからです。

 

バンタオビーチ ラグーナエリアとも言われる、高級ホテルが立ち並ぶビーチ
パトンビーチ  プーケット最大のビーチで、島内随一の繁華街
カロンビーチ  鳴き砂が有名なビーチで、落ち着いた雰囲気が家族連れに人気

 

北から順に、バンタオ、パトン、カロン、となります。

 

プーケット国際空港と各ビーチ間のおおよその距離と所要時間の目安です。

プーケット国際空港→バンタオビーチ 20km 20~30分程度
プーケット国際空港→パトンビーチ  40km 60~70分程度
プーケット国際空港→カロンビーチ  50km 80~90分程度
※所要時間はタクシー利用時の概算です

もっとたくさんプーケットにはビーチはあるのですが、あまり詳しく触れすぎるとGrabの記事が書けなくなるので、島内のもう少し詳しいビーチ情報はこちらの記事でご紹介。

ちなみに、Grab以外の空港からの交通手段(タクシー、バス、送迎サービスなど)についても、こちらでご確認ください。

 

 

スポンサーリンク

Grabの使い方(簡易版)

ここで、簡単にGrabの使い方とタイプーケットで使えるGrabの種類をご紹介します。

Grabの利用料金の調べ方

GrabやUberの料金はGoogleマップで調べることができます。詳しい方法はこちらでご紹介しています。

 

 

画面はマレーシアのものになりますが、Googleマップで経路検索をすれば、こんな感じで料金が確認できるんです!

 

料金は概算で表示されますが、さっぱりわかんないよりはマシですよね。経験上、アプリを立ち上げると、ここで出てきた金額よりも安くなってることが多いです。

 

ただ、日本でGrabのアプリを立ち上げても「ここじゃ使えないよ」という画面が出ます。悪しからず。

 

 

2019.12.31追記
Grabが日本でも使えるようになりましたので、日本でアプリを起動してもこの画面は出なくなりました。

代わりにこんな画面。

日本で使えるようになって、どうなったかはこちらの記事でご紹介!

 

タイ・プーケットのGrabの種類は?

続いて、プーケットで使えるGrabの種類もご紹介しておきましょう。

Grab Car (グラブカー)

いつも使う便利なヤツです。

  • 一般人が運転する自家用車を予約できます
  • 料金は乗車前に確定し、追加料金なし

Grab Van(グラブバン 10人まで)

  • 10人乗りの大型車を予約
  • 荷物がある空港からの移動家族で乗る場合などに便利!

Grab Taxi(グラブタクシー)

元々タクシーの配車アプリだった名残と言うべきか、Grabでタクシーも呼べます。

  • メータータクシーを予約
  • 料金はメーター制ですが、おおよその料金はアプリ上に表示されます

とはいえ、定額じゃないので、さとんは使ったことないです(^^;

 

もっと詳しい使い方教えてよ!!というあなたの為にこちらをご用意いたしました。

 

スポンサーリンク

Grabでプーケット空港から市内へ移動!

さて、前振りが長くなりましたが、いよいよGrabでプーケット国際空港から市内というか島内のビーチへ行ってみましょう。

プーケット空港からGrabで市内各地への料金は?

てことで、プーケット国際空港からホテルがある市内各地のビーチへの移動料金を調べてみました。

 

プーケット空港からラグーナエリアへGrabでいくら?

空港からバンタオビーチ(ラグーナエリア)へのGrab料金がこちら!

 

プーケット空港からパトンビーチへGrabでいくら?

空港から島内随一の繁華街、パトンビーチのバングラー通りへのGrab料金がこちら!

 

プーケット空港からカロンビーチへGrabでいくら?

最後に、空港からカロンビーチへのGrab料金がこちら!

 

プーケット空港から市内への距離とGrab料金をまとめてみた!

  距離 Grabcar料金 Grabvan料金
ラグーナエリア 20km 1925円 2415円
パトンビーチ 40km 3500円 4200円
カロンビーチ 50km 3500円 4200円

(1THB=3.5円で計算。調査時期により料金は変動します)

 

プーケットのGrab料金は安い?高い?

プーケット空港から市内への料金はあくまでも概算値で、ビーチへの距離もそこそこある、という事実を割り引いても、この料金高いです

 

ちなみに、同じタイ の首都バンコクにあるスワンナプーム国際空港から中心部までのGrabの料金は400バーツ程度(1400円)です。距離は、プーケットで言うと、ラグーナエリアとパトンビーチの間あたりの30kmです。

また、東南アジアのマレーシアクアラルンプールでも、60kmで3500円程度でした。

 

ここからも、いかにプーケットのGrabの価格が高止まりしているかがわかる、てもんです。

 

ただ、タクシーや空港送迎も負けず劣らずの価格設定なので、どの移動手段を選んでも、プーケット空港からホテルへの移動はこれくらいはする、と思ったほうが良いでしょう。

 

ま、キャッシュレスで乗車ができてボッタクリや遠回りされる心配がないのがGrabの良いところ。タクシーと金額が変わらないなら、Grabを迷わずオススメします。

送迎サービスもオススメ!

家族旅行や、グループ旅行で深夜にプーケット空港に到着する場合、Grabバンが捕まらない可能性もありえます。

 

また、日中の到着であってもパトン以南のビーチにホテルがある場合、距離で料金を計算するGrabやタクシーは割高です。

 

そんな時は、空港送迎サービスを使いましょう。実はさとん一家も、今回のプーケットの旅では空港からホテルへの移動はKKdayさんの空港送迎サービスを利用しました。

 

その時の模様はこちらでご紹介しております。

 

リーズナブルで乗り心地の良いチャーター車でした。

 

スポンサーリンク

まとめ

以上、「タイ・プーケットでGrabは安い?空港から市内ホテルへの料金を調査!」をお届けいたしました。

 

残念ながら空港から市内への移動においては、あまりリーズナブルには使えなかったGrab。次回はプーケットのどういう場面でGrabは便利に使えるのか?を考察してみたいと思います。

 

街のちょい乗りに使うのか?はたまた、ビーチからビーチへの移動に使えば便利なのか?「Grabをタイ・プーケットで利用!市内のちょい乗りやビーチ間の料金は?」と題してお届けします。

 

みなさんのプーケット旅行の一助になれば幸いでございます。

 

 

それでは!

 

 

 

海外旅行保険は加入済ですか?
クレジットカードに自動で付いてくる海外旅行保険がオススメです!

 

エポスカード
EPOSカード

ファッションビル「マルイ」が発行しているカードです。

年会費はもちろん無料!即日発行可能!
マルイの店頭受取り可能!
旅行の前日に申し込んでも大丈夫!
(所定の審査はあります)

補償内容も年会費無料のクレジットカードの中では抜群!
<海外旅行補償内容抜粋>
・疾病治療費用 270万円
・携行品損害 20万円(免責3,000円)
補償内容詳細は下記URLでご確認ください。

Booking.comカード

カード会員はホテル予約サイトBooking.comの予約が最大16%OFF!

ホテルによってはレイトチェックアウトやウェルカムドリンクのサービスも無料で付いてきます。

年会費は当然無料で、海外旅行保険も自動付帯。
おまけに、今なら¥5000キャッシュバックキャンペーン中です!

<海外旅行補償内容抜粋>
・疾病治療費用 100万円
・携行品損害  20万円(免責3,000円)
補償内容詳細は下記URLでご確認ください。

三井住友VISAゴールドカード

年会費永年無料!ではないですが、
「カード年会費初年度無料キャンペーン中」です。
(通常年会費:税抜10,000円+税)

この機会にゴールドの補償内容をお試しください!

<海外旅行補償内容抜粋>
・疾病治療費用 300万円
・携行品損害  50万円(免責3,000円)
補償内容詳細は下記URLでご確認ください。

コメント