デュシタニプーケットを探検!アウトリガーと比較!プールは広い?

スポンサーリンク
プーケット旅行記
この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク

どーも!「子連れさとん.com」管理人のさとんです。

タイ・プーケット5泊6日子連れ旅行記⑤をお届けします。

ラグーナエリアにあるショッピングスポット「カナルビレッジ」にシャトルバスで向かった前回でした。

 

が!カナルビレッジのお客さんの少なさに驚愕し、散策もそこそこに、シャトルボートで引き上げてきたさとん一家でした。

 

今回は、シャトルボートに乗って「アウトリガーラグーナプーケットビーチリゾート」へ帰る途中に、ぶらりと途中下車ならぬ途中下船をして立ち寄った高級ホテル「デュシタニラグーナプーケット(Dusit Thani Laguna Phuket)」について、ご紹介します。

 

デュシタニプーケットの中やプールの様子を調査します!さらに、デュシタニプーケットから「アウトリガーラグーナプーケットビーチリゾート」まで、歩いて帰るとどうやって帰るのか?知りたい人は少ないかもしれませんが(笑)調べてみました。

 

それでは、レッツゴー!

 

スポンサーリンク

シャトルボートで、デュシタニへ!

カナルビレッジを早々に退散し、シャトルボートに乗り込んださとん一家。

ボートはジャングルクルーズさながらに、ラグーンの水路を進んでいきます。

 

カナルビレッジから、「カッシーアプーケット」を経て、「デュシタニラグーナプーケット」、そしてアウトリガーとボートは進みます。アウトリガーとの位置関係はこんな感じ。

地図ではラグーンが独立しているように見えますが、それぞれ小さい水路で繋がってます。

 

出航直後。目的のアウトリガーはまだ遠くに見えます。

カッシーアプーケット」を過ぎて、「デュシタニラグーナプーケット」が近づいてきました。

他のホテルも見てみたいね、と思いつき、デュシタニの船着き場で下船してみることに。

スポンサーリンク

デュシタニを探検!アウトリガーと比較!

デュシタニラグーナプーケット」の船着き場で一緒に降りたのは、セレブな西洋人家族。なんか後をつけてるみたいで、警戒されないか不安です(^^;

ちなみに、「デュシタニ」やアウトリガーのあるラグーナエリアでは、宿泊しているホテル以外のレストランやスパを利用した時も、泊まっているホテルの部屋に請求を回してもらえる「クロスチェック」という精算方式が採用されています。

 

宿泊ホテルのチェックアウト時にまとめて精算できるので、大金を持ち歩く必要もなく、こうして自由に他のホテルに散策へ行けるんです。

 

ま、さとん一家は何も食べないし、スパも用事ないけどね(笑)

 

デュシタニの敷地内からロビー

さて、シャトルボートの船着き場から「デュシタニ」の敷地へ入ってみました。

 

1987年開業の老舗ホテルなので、ちょっと煤け気味かなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

渡り廊下と、ロビーがこんな感じ。厚かましくも宿泊客のように振舞います。南国風のロビーは天井も高く、開放感でいっぱいです。

 

 

ちなみに、アウトリガーのロビーはこんな感じ。

張り合っても仕方ないけど開放感は負けてません!ただ、座って休める椅子はデュシタニの方が多いみたい。

 

日本のホテルだとお土産コーナーなんかがあったりするけど、海外にはロビーでそんなコーナーがあるホテルは見たこと無いなあ。

プールとビーチを調査!

ロビーを抜けてビーチの方へ移動します。アウトリガーと同じく「デュシタニ」もプールはビーチ沿いにありました。

 

キッズプールがこんな感じです。

スライダーと水が噴き出す子供向けのアトラクション。アウトリガーと比べるとスライダーは短め。

プールはキッズプールとメインプールが繋がった形態です。これがメインプール

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広さはそこそこありますが、アウトリガーの方がプールは楽しめそうな感じがしました。子連れでプールで遊ぶのがメインなら、「デュシタニ」よりもアウトリガーをオススメします。

 

デュシタニ」の宿泊料金や、もう少し詳しい情報はこちらで!

 

スポンサーリンク

ビーチを歩いて帰る!

デュシタニ」の敷地内にはこんな感じのプレイパークもありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

未就学の小さい子連れだったら「デュシタニ」でも楽しめるかも。

 

ホテルの敷地を通り抜けてビーチに出ると鈍色の海が出迎えてくれました。

雨季なので、雨こそ降ってませんが、曇ってます。「デュシタニ」からビーチ沿いに十分ほど歩けば、「アウトリガーラグーナプーケットビーチリゾート」へたどり着けます。

 

デュシタニ」へ宿泊予定の方で、アウトリガー近くの洗濯屋さんに、洗濯を頼もうと思ってる方は、ビーチを歩いて行くのがオススメです。

 

アウトリガーの洗濯屋さんについてはこちらで紹介!帰国してからのお洗濯が楽になるのでオススメ!

 

そんなこんなで、無事にアウトリガーへ帰ってまいりました。

スポンサーリンク

まとめ

ということで、「デュシタニプーケットを探検!アウトリガーと比較!プールは広い?」をお届けしました。

 

思いつきで「デュシタニラグーナプーケット(Dusit Thani Laguna Phuket)」を散策してみましたが、なかなか楽しい経験でした。

 

旅行中に泊まっているホテルとは別のホテルを探検する機会もあまりないので、シャトルボートがあればこそ、だと思います。ラグーナエリアでシャトルボートに乗った時は、お隣のホテルを散策してみるのも楽しいですよ!

 

ちなみに、アンサナラグーナプーケット(Angsana Laguna Phuket)を探検してみたときの様子はこちらの記事で!

次回は、お待ちかね!アウトリガーのクラブラウンジのカクテルタイムで、飲み放題!をご紹介します。

それでは!

 

 

海外旅行保険は加入済ですか?
クレジットカードに自動で付いてくる海外旅行保険がオススメです!

 

エポスカード
EPOSカード

ファッションビル「マルイ」が発行しているカードです。

年会費はもちろん無料!即日発行可能!
マルイの店頭受取り可能!
旅行の前日に申し込んでも大丈夫!
(所定の審査はあります)

補償内容も年会費無料のクレジットカードの中では抜群!
<海外旅行補償内容抜粋>
・疾病治療費用 270万円
・携行品損害 20万円(免責3,000円)
補償内容詳細は下記URLでご確認ください。

Booking.comカード

カード会員はホテル予約サイトBooking.comの予約が最大16%OFF!

ホテルによってはレイトチェックアウトやウェルカムドリンクのサービスも無料で付いてきます。

年会費は当然無料で、海外旅行保険も自動付帯。
おまけに、今なら¥5000キャッシュバックキャンペーン中です!

<海外旅行補償内容抜粋>
・疾病治療費用 100万円
・携行品損害  20万円(免責3,000円)
補償内容詳細は下記URLでご確認ください。

三井住友VISAゴールドカード

年会費永年無料!ではないですが、
「カード年会費初年度無料キャンペーン中」です。
(通常年会費:税抜10,000円+税)

この機会にゴールドの補償内容をお試しください!

<海外旅行補償内容抜粋>
・疾病治療費用 300万円
・携行品損害  50万円(免責3,000円)
補償内容詳細は下記URLでご確認ください。

コメント