マリンプラザパトンのナイトマーケット!アクセスや感想!何が売ってるの?

スポンサーリンク
海外旅行豆知識
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

どーも!「子連れさとん.com」管理人のさとんです。

 

子連れレストラン探検記」と題して、プーケット滞在中に行ったレストランをご紹介しています。

 

今回の4回目で最終回。パトンビーチにある、ナイトマーケットと屋台村が合体した施設「マリンプラザ・パトン」についてご紹介しましょう。

マリンプラザ・パトンの基本情報やアクセス、どんな場所なの?どんなモノが売ってるの?といった疑問や、実際に行ってみた感想をご紹介します。

 

それではレッツゴー!

スポンサーリンク

マリンプラザ・パトンとは?

まずは、マリンプラザ・パトンてなあに?どこにあるの?といった基本情報からご紹介します。

マリンプラザ・パトンはこんな感じで50軒くらいの屋台が立ち並んでいます。奥の方には物販店も並んでました、それはまた後述しますね。

 

マリンプラザの基本情報

マリンプラザ・パトンの基本情報はこんな感じ。

住所:52 83150 162/51-52 ภก.4055 Pa Tong, Kathu District, Phuket 83150 タイ
営業時間:14時ごろ~24時ごろ(店舗により異なる)
定休日:なし(店舗により異なる)
公式ホームページ:なし

 

マリンプラザの場所やアクセス

マリンプラザ・パトンの場所と、パトンビーチ、カロンビーチからのアクセスをご紹介!

パトンビーチからのアクセス

プーケット随一の繁華街バングラー通りやショッピングモール「ジャン・セイロン」のあるパトンビーチ中心部からのアクセスです。

基本情報

パトンの中心地からマリンプラザはちょっと離れています。同じナイトマーケットだと、バンザーンナイトマーケットの方が近くて規模も大きいです。

 

マリンプラザは、中心部から離れている分、お料理はリーズナブルな設定になってます。

 

ホリデイ・インリゾートプーケットアマリ コーラル ビーチ リゾート アンド スパ - プーケットといったホテルが徒歩圏内にあるので、そちらに泊まってるなら行ってみて損はしないと思います。

 

カロンビーチからのアクセス

さとん一家が宿泊していた、カロンビーチの北端にあるセンタラグランドビーチリゾートプーケットからマリンプラザへのアクセスがこちら。

残念ながら距離が5キロ近くあるので歩いてのアクセスはちょっと無理でした。

スポンサーリンク

マリンプラザ・パトンでは何が買える?

マリンプラザ・パトンで何が売ってるの?という疑問についてお答えしていきましょう。マリンプラザ・パトンは、ナイトマーケットと、屋台街が合体した施設です。

夜になると屋台の方はどんどん混雑してきます。それもそのはず、この屋台街、とってもリーズナブル。

こんな感じで、安い安いと色々頼んで、頼みすぎるパターンです。なんだかんだと買い込んでも2000円も使わなかったと思います。

ちなみに、マリンプラザを食事に利用する時の注意としては、席の確保を先にしましょう。ま、ショッピングモールのフードコートと同じです。

 

屋台で注文すると、どの辺に座ってんだ?と聞かれます。さとんは日本語以外はわかんないので、推測です(笑)

 

で、指差して見える場所なら、okてことで、持ってきてくれますし、相手がわかんなかった時は、何分後に取りに来てよ、て言ってくれます。お互いカタコトの英語でのやり取りです。

スポンサーリンク

マリンプラザ・パトンの感想

最後に、マリンプラザ・パトンの感想です。

 

行ってみた感想としては、リーズナブルで騒がしくて、ローカルな南国の屋台街の雰囲気が好きなら言うことなしだと思います。

 

相席になったりすることもあるので、それはそれで楽しいかもしれませんが、ムードを重視する人には、不向きでしょう。

 

ちなみに、屋台の奥には、ナイトマーケットというか物販の露店もあります。

ただ、こちらは、あまり人気が無いのか閑散としてました(笑)

食事のついでに冷やかすのは楽しいかもしれませんが、ここを目当てにくると、ビミョーな空気になるかもしれません。

スポンサーリンク

まとめ

以上、「マリンプラザパトンのナイトマーケット!アクセスや感想!何が売ってるの?」をご紹介致しました。

 

マリンプラザ・パトンはパトンビーチからも、カロンビーチからもちょっと離れているので、泊まってるホテルの場所によっては、行くのがちょっとめんどくさいな、なんてことになるかも知れません。そんな時はトゥクトゥクが、便利です。

 

近くに泊まってたり、前を通ることがあれば、リーズナブルにご飯が食べられるスポットなので、行ってみてください!

それでは。

 

海外旅行保険は加入済ですか?
クレジットカードに自動で付いてくる海外旅行保険がオススメです!

 

エポスカード
EPOSカード

ファッションビル「マルイ」が発行しているカードです。

年会費はもちろん無料!即日発行可能!
マルイの店頭受取り可能!
旅行の前日に申し込んでも大丈夫!
(所定の審査はあります)

補償内容も年会費無料のクレジットカードの中では抜群!
<海外旅行補償内容抜粋>
・疾病治療費用 270万円
・携行品損害 20万円(免責3,000円)
補償内容詳細は下記URLでご確認ください。

Booking.comカード

カード会員はホテル予約サイトBooking.comの予約が最大16%OFF!

ホテルによってはレイトチェックアウトやウェルカムドリンクのサービスも無料で付いてきます。

年会費は当然無料で、海外旅行保険も自動付帯。
おまけに、今なら¥5000キャッシュバックキャンペーン中です!

<海外旅行補償内容抜粋>
・疾病治療費用 100万円
・携行品損害  20万円(免責3,000円)
補償内容詳細は下記URLでご確認ください。

三井住友VISAゴールドカード

年会費永年無料!ではないですが、
「カード年会費初年度無料キャンペーン中」です。
(通常年会費:税抜10,000円+税)

この機会にゴールドの補償内容をお試しください!

<海外旅行補償内容抜粋>
・疾病治療費用 300万円
・携行品損害  50万円(免責3,000円)
補償内容詳細は下記URLでご確認ください。

コメント