台北でuberに乗ってみた!感想は?タクシーとどっちが安い?徹底比較!

スポンサーリンク
海外旅行豆知識
この記事は約7分で読めます。
スポンサーリンク

どーも!「子連れさとん.com」管理人のさとんです。

 

ライドシェアアプリ「Uber」の使い方について、前回はご紹介しました。

 

uberとは?乗り方や使い方、使える 国や都市を調査!
日本でもタクシー配車アプリとしてのサービスが始まったuber。そもそもuberってなに?どこの会社?という基本的な疑問やuber乗り方、使い方を調べてみました。さらに日本以外に使える 国も紹介します!

 

今回は、2019年のお正月に行った台北旅行でUberを使ってみた感想をご紹介しましょう。Uberはタクシーと比べてどうだったのか?実際に、乗り比べてみましたので、参考になれば幸いです。

 

それでは、レッツゴー!

スポンサーリンク

Uberに乗った感想は?

まずは、台北でUberを利用した感想です。

 

個人的にはタクシーをオススメする!

あくまでも、個人的な見解になりますが、街中にたくさん黄色いタクシーが走ってる台湾において、敢えてUberを利用する必要性は少ないかな、という感想になります。

Life-Of-Pix / Pixabay

 

Uberの記事を書いておきながら!という感想ですが(笑)

 

というのも、日本を含めた北東アジアのタクシーは、概ね良心的に運用されていると思います。香港台湾、ソウルといった各都市でタクシーに乗りましたが、どこのタクシーも快適に目的地まで運んでくれました。

 

なので、配車を依頼してから待ち時間があるUberよりも、目の前のタクシーを捕まえる方が手っ取り早いという訳です。

 

台北のタクシーは大きめの車種もかなり走っていますし、運ちゃんもみんな愛想が良いので、Uberの優位性というのは、あまり感じられないかな、というのが正直なところ。

 

それに、今回利用したUberのドライバーさんは、たまたまかもしれませんが、タクシーの運ちゃんに比べると、ま、事務的でした(笑)

 

タクシーよりもuberをオススメする場合

台北Uberを利用するとしたら、特定の条件がそろった場合です。さとんが考える、特定の条件とその理由はこんな感じ。

 

1.タクシーが全然走っていない場所にいる
→少し前に高雄に行ったときは街中にタクシーが全然走っていませんでした
2.ドライバーに説明するのが難しい場所に行く
→ローカルなお店で地図に載ってないような場所は、アプリで指定できるuberが便利
3.長距離で金額が前もってわからないとちょっと不安な時
→郊外の観光地「九份」へタクシーで行くときなんかは、料金が明確なuberがオススメ
4.乗車料金を極限まで削りたい時
微々たるものですが、料金はタクシーよりもuberが若干安いです(詳細は後述)
 

北東アジアのタクシーだけはライドシェアと戦える!

「ライドシェアとタクシーどっち選ぶ?」と問われて、「ま、タクシーかな?」と答えられるのはUberの営業エリアである北東アジア(香港台北、ソウルなど)に限っての話です。

 

タイマレーシアといった東南アジアになると、メーターは倒さない、料金は交渉制、勝手に遠回りしたあげくに、料金をボッタくるとんでもないタクシーが、ゴロゴロいるので、ライドシェアアプリは必須です。

 

ただ残念ながら、東南アジアではUberは利用できません

 

東南アジアで、オススメのライドシェアアプリは、「Grab」です。そんな「Grab」については、こちらで紹介しておりますのでよろしければご覧ください!

 

 

スポンサーリンク

Uberとタクシー!値段を比べてみた!!

さて、タクシーと比べるとUberの方が料金が安いと先述しましたが、実際タクシーとUberでとれくらい価格差があるのか、台北乗り比べてみました。

 

横に並んでヨーイドンとした訳ではなく、タクシーに乗る前にUberの価格を調べておいて、タクシーの値段と比較をしてみただけですが(^_^;)

 

検証対象は?

今回検証したのは、台北の繁華街「中山」近辺から、ランドマーク「台北101」までと、お洒落スポット「松山文創園区」近くにあるフルーツパーラー「陳記百果園」までの2か所です。

Free-Photos / Pixabay

 

起点になる場所は、さとんが宿泊したオレンジホテル林森店です。 オレンジホテル林森店の場所は、MRT中山駅近くのこちらです。

 

 

はたして、結果はいかに?

 

Uberで中山駅から台北101 へ!

Uberで中山駅から台北のランドマークタワー「台北101」へ向かうとどれくらいになるのか?事前に調べてみた経路とUberの料金がこちら!

UberX   196台湾元(700円程度)
UberXL 275台湾元(963円程度) 1台湾元=3.5円で換算
距離:6km程度

となっていました。

 

で、タクシーに乗った料金がこちら!


精算時のタクシーメーターですが、235台湾元(823円程度)でした。ちょうどUberXとXLの間くらいになりましたね。

 

Uberで中山駅から陳記百果園へ!

もう一箇所、タクシーとUberの料金を比べてみましょう。中山駅から「陳記百果園」までの経路です。「陳記百果園」は、さとんが台北を訪れると必ず行くフルーツかき氷屋さんです。

 

 

事前にUberで経路と金額を調べてみたところ、こんな感じ。

距離は3.5km程度で、uberでの料金は117台湾元(410円程度)でした。ここは、ちょっとわかりにくい場所にあり、こういう場所こそUberが役に立つのですが、今回はタクシーで行ってます(笑)

 

タクシーの料金メーターの写真は撮りそびれてしまったのですが、オレンジホテル林森店から「陳記百果園」までは、タクシーで130元(550円程度)となりました。日本ならワンメーターより安い金額ですね。

 

この安さなので、台北に来るとついついタクシーに乗りすぎてしまう、という弊害も(笑)

 

検証結果!

二箇所だけの検証ですが、タクシーの方がちょっとだけ、料金がかかるという結果になりました。渋滞などで予測不能な時間がかかる分、メーター制のタクシーは不利ですよね。

 

Uberの料金は、乗車時間にかかわらず最初にアプリで表示された金額で固定なので、渋滞や乗車時間を気にせず利用できるのはメリットです。

 

配車まで待つ必要があるので、Uberかタクシーかどちらを選ぶかは、TPOに応じて柔軟に選んでいただければ、と思います。

 

スポンサーリンク

まとめ

以上、「台北でuberに乗ってみた!感想は?タクシーとどっちが安い?徹底比較!」をご紹介いたしました。

 

台湾のタクシーの運ちゃんに知り合いはいませんが、今まで乗ったタクシーの運ちゃんは親切な方が多かったので、さとん個人的にはUberよりも、タクシーを多めに使ってくれるとうれしいな、なんて、こんな記事を書きながら思ったりしています(笑)

 

次回は、Uberで台北各地に移動したら、いくらくらいかかるのか?桃園空港や松山空港、士林夜市や郊外の観光地「九フン(ニンベンに分)」までのUberでの移動料金をご紹介したいと思います。

 

 

台北ではuberが便利!桃園空港や士林夜市までいくら?料金の調べ方は?
台北をはじめ、香港、韓国で使えるライドシェアアプリといえば、uberが便利です。市内から桃園空港や士林夜市へUberで移動したら料金はいくらかかるのか?時間や距離と合わせて調べてみました。さらに、Uberの利用料金を簡単に調べる方法をご紹介。

 

 

 

あなたの台湾旅行が、少しでも快適になりますように、お祈りしています。それでは!

 

 

 

海外行くならWi-Fiルーターは必需品!

グローバルWiFi

海外WiFiレンタルのグローバルWiFi。
さとんが利用した海外Wi-Fiの中では一番安定性抜群でした!
いつでもどこでもつながるのが大きな魅力です!

さらに受取・返却場所は国内16空港2営業所にのぼり
電話やLINEでの問合せに対応するなど
サポート体制も万全です!

当サイトから申込いただくと
5%offのキャンペーン中!!

<参考価格>
台湾での利用料金目安
¥921~/250MBまで(1日)
ハワイでの利用料金目安
¥921~/250MBまで(1日)
※補償費用などの諸経費は含みません

jetfi(じぇっとふぁい)

jetfi(ジェットファイ)は1日410円からレンタルできる
コスパ抜群の海外Wi-Fiルーターです。

全国の空港コンビニでも受取可能!
さらに2か国以上の利用でも同一料金で利用でき
周遊旅行や乗り継ぎ時に力を発揮します!

アジアでの利用料金目安
¥410~/350MBまで(1日)
グローバルプラン 
¥580~/350MBまで(1日)
※補償費用などの諸経費は含みません

Wi-Ho!(ワイホー)

海外用携帯電話のレンタルでよくお世話になった
テレコムスクエアさんが運営する
レンタルWi-FiがWi-Ho!です。

jetfiと比較すると割高にはなるものの
業界最安級の価格でルーターがレンタル可能です。

全国6空港でしか利用できないのが惜しいのですが
使える場所にお住いの方は、候補に入れておいて
間違いはありません!

<参考価格>
台湾での利用料金目安
¥590~/300MBまで(1日)
ハワイでの利用料金目安
¥750~/300MBまで(1日)
※補償費用などの諸経費は含みません

イモトのWiFi

イモトのWiFiは、タレントのイモトアヤコさんを
イメージキャラクターに据えたWi-Fiルーターです。

CMでもおなじみなので、知名度も抜群ですね!
値引きキャンペーンをうまく利用すれば
格安料金で使えます。

<参考価格>
台湾での利用料金目安
¥1080~/500MBまで(1日)
ハワイでの利用料金目安
¥1580~/500MBまで(1日)
※補償費用などの諸経費は含みません

コメント