プーケットのバンタオビーチからカロンビーチへ移動!ホテルはセンタラグランド!

スポンサーリンク
プーケット旅行記
この記事は約7分で読めます。
スポンサーリンク

どーも!「子連れさとん.com」管理人のさとんです。

 

2019年の夏に行ったタイ・プーケット5泊6日子連れ旅行記⑨をお届けします。

 

これまでの様子はこちらで!

 

今回は四日目

 

旅も折り返しを過ぎ、ちょっとセンチメンタルに(早い?)なっていくこの日は、ラグーナエリア(バンタオビーチ)を後にして、カロンビーチへ移るプーケット島内の移動の日でした。

 

カロンビーチへの移動手段や移動の様子、カロンビーチで泊まった「センタラ グランド ビーチ リゾート プーケット(Centara Grand Beach Resort Phuket)」についてご紹介しましょう!

 

それではレッツゴー!

スポンサーリンク

いざ!カロンビーチへ!

4日間(初日は深夜着なので実質3日)滞在した「アウトリガーラグーナプーケットビーチリゾート」で朝ごはんを食べたら、チェックアウトです。

 

アウトリガー」のあるバンタオビーチと、次の滞在先「センタラ グランド ビーチ リゾート プーケット(Centara Grand Beach Resort Phuket)」のあるカロンビーチの位置関係はこんな感じ。

 

問題は、移動手段。電車なんて無いプーケット。島内の移動は相変わらず不便で高いです。ホテルでタクシーを呼んだら、1200-1500thb(4200円~5250円)と、ものすごい値段を言われました(笑)

 

で、色々比較した結果、ビーチ間の移動ならGrabが割安、てことで、「アウトリガー」から「センタラ」まではGrabでの移動。

 

プーケット内のGrabをはじめとした移動情報はこちらでまとめてみました。

 

名残惜しいけど「アウトリガー」ともお別れ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

手配したGrabでカロンビーチの「センタラ グランド ビーチ リゾート プーケット(Centara Grand Beach Resort Phuket)」へ!

 

車は、トヨタハイエースがやってきてくれました。こんな感じでゆったり行けてラッキー。870THB也(日本円で3000円くらい)

フリーWi-Fiもあったし、現地ツアーのチラシなんかも車内に置いてあったので、地元の旅行会社が片手間にやってるのかもしれません。

 

スポンサーリンク

センタラグランドビーチリゾートに到着!

アウトリガー」から「センタラ」までは道中多少の渋滞もあって1時間くらいかかりました。渋滞しても定額なのはGrabのメリットの一つですね。

 

ということで、無事に二つ目の滞在先「センタラ グランド ビーチ リゾート プーケット(Centara Grand Beach Resort Phuket)」へ到着。

 

エントランスはこんな感じ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ロビーに入ると、いきなり水の流れる崖が迫ってきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アウトリガー」に比べるとちょっと狭い感じ。

というのも、「センタラ」の敷地を上から見るとわかりますが、崖に囲まれるようにホテルが建ってます。ロビーの部分は崖と海に挟まれた一番狭い場所に建っているので、開放感に乏しい作りになってしまってます。

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、敷地内はこんな感じで南国ムードいっぱいで狭さは感じません

チェックインをしようとフロントに行きますが、部屋の準備ができてないそう。

 

仕方なく、あまり人のいないレストランでお昼をいただくことに。ま、お昼過ぎでは仕方ないか。スタッフの方はフレンドリーでした。

しかし、定価で食べると、ホテルのレストランはほんと高い!

 

チェックインしてプールで遊びたかったのでレストランをチョイスしたんだけど、これなら、荷物を置いて、街へ出た方が良かったかなあ、なんて思いつつご飯を食べた後、ホテルの中をぶらぶら見て回ってるうちに約束の時間に。

 

フロントに行ってみると、とりあえず1部屋は用意できたけど、あと一部屋はまだ時間がかかるそう。おまけに、二部屋目は、一部屋目とは棟も階も違う場所になったと、言われる。

 

ちょっと、何言ってるか意味わかんない。

それはあまりに不便だろ!と、部屋のチェンジをお願いして、棟は違うけど、渡り廊下で繫がった同じ階の部屋に変えてもらえることに。

 

海外ではとりあえず要求をぶつけてみるのがやっぱり大事。言われるがままに「YES」と言い続けるおとなしい日本人は、きっと知らない間に損してる。

 

センタラ」は、プールや朝食の品数なんかは良かったけど、サービスやホスピタリティ面は、あんまりかなあ、というさとん個人的な、評価です。

 

アウトリガー」の方がスタッフのおもてなし感が伝わってきます。ちなみに、さとんは英語ができないので、トラブった時は、グーグル翻訳が筆談で大活躍!

 

ちょっとした意志や思いを伝えたい時に、やっぱ英語が話せると便利なんだろうなあ、なんて思ったりもするけど、結局身に着けないまま次の旅に出るを繰り返しています(^_^;)

 

文明の進化で、なんとかなってます。

スポンサーリンク

センタラグランドビーチリゾートのプール!!

ま、そんなこんなで、なんとか部屋を確保して、お待ちかねのプールへ!

 

これはお部屋の様子と部屋からの景色。「センタラ」の部屋は全室オーシャンビューです。

ホテルやお部屋の様子をスライドショーでご紹介。

センタラ グランド ビーチ リゾート プーケット(Centara Grand Beach Resort Phuket)」はプールがオススメと聞いていたので、選んでみたのですが、評判どおり確かにオススメです!

詳しくはこちらで、ご紹介してます!

 

プールからビーチも近く、大人も子供も大満足でした。

プールやビーチの様子をまとめてみました。

スポンサーリンク

まとめ

以上、「プーケットのバンタオビーチからカロンビーチへ移動!ホテルはセンタラグランド!」を、ご紹介しました。

 

プールが素晴らしい「センタラ」ですが、カロンビーチの中心からはちょっと離れた場所にあるので、街歩きには不向きです。

 

なので、ホテルにずっと滞在して泳いで過ごすのがオススメ。日本人が少ないので、異国感を味わいたい方にも〇。ただし、フロントで日本語が通じないので、ホスピタリティ面はちょっと(^^;

 

ということで、次回は、晩ごはんを食べにパトンビーチのナイトマーケット「マリンプラザ」へ行ってみた様子をご紹介します!

 

それでは!

海外旅行保険は加入済ですか?
クレジットカードに自動で付いてくる海外旅行保険がオススメです!

 

エポスカード
EPOSカード

ファッションビル「マルイ」が発行しているカードです。

年会費はもちろん無料!即日発行可能!
マルイの店頭受取り可能!
旅行の前日に申し込んでも大丈夫!
(所定の審査はあります)

補償内容も年会費無料のクレジットカードの中では抜群!
<海外旅行補償内容抜粋>
・疾病治療費用 270万円
・携行品損害 20万円(免責3,000円)
補償内容詳細は下記URLでご確認ください。

Booking.comカード

カード会員はホテル予約サイトBooking.comの予約が最大16%OFF!

ホテルによってはレイトチェックアウトやウェルカムドリンクのサービスも無料で付いてきます。

年会費は当然無料で、海外旅行保険も自動付帯。
おまけに、今なら¥5000キャッシュバックキャンペーン中です!

<海外旅行補償内容抜粋>
・疾病治療費用 100万円
・携行品損害  20万円(免責3,000円)
補償内容詳細は下記URLでご確認ください。

三井住友VISAゴールドカード

年会費永年無料!ではないですが、
「カード年会費初年度無料キャンペーン中」です。
(通常年会費:税抜10,000円+税)

この機会にゴールドの補償内容をお試しください!

<海外旅行補償内容抜粋>
・疾病治療費用 300万円
・携行品損害  50万円(免責3,000円)
補償内容詳細は下記URLでご確認ください。

 

コメント