ユーロスター発着のパリ北駅から2号線への乗継はオススメしないワケ!治安を紹介!

スポンサーリンク
フランス・パリ
この記事は約7分で読めます。
スポンサーリンク

どーも!「子連れさとん.com」管理人のさとんです。

パリオリンピックがもうすぐ開催されますが(執筆時、2024年6月上旬)そんなパリに2023年の夏に行ってきました。こちらでご紹介したロンドンの旅の続きです。

 

ロンドンのヒースロー空港でイギリスに入って、ユーロスターでパリへ移動し、シャルル・ド・ゴール空港から帰国というルートでした。

今回から、四泊五日のパリ旅行の旅行記をお届けしていきたいと思います。

 

夏のパリ旅行の日程がこちら!

7/31 初日  ロンドン出発!ユーロスターでパリへ!
8/1 二日目
 ヴェルサイユ宮殿!
8/2 三日目 ルーブル美術館~アンバリッド~パンテオン~凱旋門~シャンゼリゼ通り
8/3 四日目 ノートルダム寺院~ギャラリーラファイエット~サクレクール寺院
8/4 五日目 エッフェル塔~リュクサンブール公園~帰国
 

今回、ユーロスターでロンドンからパリの玄関口「パリ北駅」に到着して、オペラ地区の宿泊先「イビススタイルズ パリ ガール サン ラザール」へ向かう道中についてご紹介します。

 

パリ北駅の場所や、北駅から2号線への乗継駅ラ・シャペル(la Chapelle)へのルートや連絡通路、この経路をオススメしない理由や道中の様子をご紹介!

 

それでは、パリ旅行記①、レッツゴー!!

スポンサーリンク

パリ北駅とは?

まずは、パリ北駅について簡単に。場所はこちら。

パリ北駅は、パリ10区にあるフランス国鉄 (SNCF)とメトロ(パリ交通公団 RATP)の駅です。ガール・デュ・ノール (Gare du Nord)と読みます。国際列車の駅名はパリ・ノール (Paris-Nord) になるそうです。

 

ジャック・イニャス・イトルフによって設計され1865年に完成したロマネスク様式の駅舎がとっても素敵。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Yoko Hirano(@hiranoyokoparis)がシェアした投稿

北駅を通る路線

北駅は国際列車をはじめ様々な路線の発着駅になっています

国際列車

ユーロスター - ロンドン行
タリス - ブリュッセル、ブリュッセル空港、アムステルダム中央駅、ケルン中央駅、ドルトムント中央駅行など

フランス国鉄

TGV - リール、ダンケルク、アラス、カレーなどフランス北部方面行
RER B線 - シャルル・ド・ゴール国際空港、マシー方面行など。
RER D線 - クレイユ、リヨン駅、ムラン方面行など。
RER E線 マジャンタ駅より乗り継ぎ

メトロ

4号線
5号線
2号線 ラ・シャペル駅で乗り継ぎ

スポンサーリンク

北駅からオペラ地区へ

パリ北駅から今回の宿泊先「イビススタイルズ パリ ガール サン ラザール」があるオペラ・サンラザールエリアは西へ3kmほど。

パリメトロの路線図がこちら。

 

 

図の真ん中あたり、セーヌ川に浮かぶ島がノートルダム寺院のあるシテ島です。そのシテ島から紫の4号線に沿って北東に進んだ先に北駅があります。

 

今回の宿泊先「イビススタイルズ パリ ガール サン ラザール」の最寄り駅は、3号線のEUROPE(ウロップ)駅、12,13,14号線が通るSAINT-LAZARE(サンラザール)駅、そして2号線のROME(ローマ)駅になります。

 

先ほど、ご紹介した北駅を通る路線と照らし合わせると、北駅から真西に走る路線は2号線一択なんですよね(笑)

 

公式の路線図にもラ・シャペル駅で乗り継げる感じになってるし、地下の連絡通路があるような書き込みも見かけたので、まあ大丈夫か、と2号線をチョイスしたのですが・・・これが大間違い(笑)

スポンサーリンク

ラ・シャペル(la Chapelle)へ乗り継ぎ!

ということで、ロンドンからユーロスターで到着した花の都パリ

ユーロスター

空路で来たことはあっても陸路は初めてで、パリ北駅の大きさと人通りの多さにちょっとたじろぎ気味。さすがは、パリの陸の玄関口。多くの人が足早に行き交ってます。

ちなみに、ユーロスターは国際列車ですが、フランスの入国審査は、イギリス出国時に向こうの改札内で完了してるので、改札を出るだけで、パリへ上陸できます!


ユーロスターの改札を出て、目指すは、メトロの2号線。場内にも案内があるので、全然大丈夫!と最初は、思ってたんですが…2号線への通路がですね、無いのですよ。

 

構内図を見たり、あっちこっち歩いてみるんですが、下に向かうエスカレーターが無い。メトロの4号線や5号線の改札は見えるのに、2号線だけ表示が無い!

もう少し落ち着いて探せば見つかったのかもしれませんが、あちこち探してる間に、娘がトイレへ行きたいと言い出して、焦りとイライラが最高潮に…ヨーロッパの鉄道駅にはトイレなんてそうそうなくて、北駅も同様にトイレの表示なんぞ、全然書いてない!

 

パリに到着早々、想定外の事態です。かなり遠回りになるけど4号か5号のメトロに乗って、どこか適当な駅で乗り継ぐか、ラ・シャペル駅までの800mを地上から行くか悩んで、地上を選択。

 

まずは、駅から出よう、てことで、北駅のバスターミナルを通り抜けて、駅前の道路を渡った瞬間、このエリアはヤバい…と鈍感なさとんも気づきました。

 

スーツケースを押していたので写真は取れなかったけど、そこは、移民街というのでしょうか。想像してたパリの光景からは程遠く、アフリカや中東、インドといった、フランス以外の国々からやってきたであろう人たちが、狭い歩道にひしめき合ってます。

このあたりの道路です。あとから地図を確認すると、インドの方が多いんですね。カレー屋さんが多く並んでいます。

 

引き返す?という思いも浮かんだものの、おしっこしたい、ていうやつもいるから、もう、強行突破しかありません。折悪しく小雨がぱらつく狭い歩道を、スーツケースを押して、子連れで、人混みをかき分けながら、突き進みます。

 

スーツケースごとひったくられるんじゃないか、という不安感を押さえつけて永遠にも感じられる800メートルを踏破し、ようやく、2号線の高架(メトロだけど、この駅はこなぜか高架駅でした)が見えたときには、ホッとしました。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Transport75(@ratp.transport14)がシェアした投稿

が、ホッとしたのもつかの間、駅の構内で黒人さんが喧嘩してらっしゃるではないですか!ラ・シャペル駅やべー!!もう、ここから2号線には乗らない!あなたも絶対乗らないほうがいい!と、強く思ったさとんでした。

幸い、喧嘩は改札とは反対方向でやってたので、彼らを迂回して改札へ向かうと、切符を持たずに改札を突破する輩もいたりして、パリ北駅とラ・シャペル駅の界隈は、治安が悪い、というのを身を以て体験した次第。あー怖かった((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

無事にホテル到着

スポンサーリンク

まとめ

以上、「ユーロスター発着のパリ北駅から2号線への乗継はオススメしないワケ!治安を紹介!」をお届けしました。

 

パリ到着早々、花の都の暗部を見てしまったさとん一家でした。ちなみに、トイレに行きたかった娘もカルチャーショックを受けて尿意が引っ込んだのか、ホテルまで無事に我慢できました。

 

結局のところ、北駅からオペラエリアまで何で移動するのがベストチョイスなのかは、いまだに結論が出ていません。

 

パリ北駅近くのバス停から「N02」系統に乗れば「イビススタイルズ パリ ガール サン ラザール」の最寄り駅、ウロップ駅に到着できると、後でわかったのですが

ここも北駅から数分歩いた先にあるバス停から乗らないといけない、というのがネックで、北駅構内のバス停からはアクセスが悪いというどっちつかずな感じ。

 

ま、結局のところ、お金があれば、タクシーがオススメかもしれません。ユーロスターでパリ北駅に到着される際は、ホテルまでのアクセスにはくれぐれもご注意を!

 

それでは!

コメント