ゴールデンサンズリゾートペナンのプールを調査!ラササヤンからの行き方は?

スポンサーリンク
海外旅行豆知識
この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク

どーも!「子連れさとん.com」管理人のさとんです。

マレーシアペナン島 のリゾートホテル「シャングリラリゾートラササヤン」のプール情報を前回ご紹介いたしました。

シャングリララササヤンリゾートのプールを調査!数や広さ、大人用のプールも!
マレーシアのペナン島のリゾートエリア「バトゥフェリンギ」にあるホテル「シャングリララササヤンリゾート」のプールを調査しました!数や広さ、大人用のプールや子供用プールをご紹介!さらに、プライベートビーチはあるのかどうかも調査!

ラササヤンの宿泊客は、お隣にある系列ホテル「ゴールデンサンズリゾート」のプールを無料で使用できる、というありがたい特典があります。(逆はダメ)

無料という言葉に弱いさとんは、さっそく利用してきましたので、今回はゴールデンサンズのプールについてご紹介したいと思います。

ラササヤンとゴールデンサンズの位置関係やゴールデンサンズへの行き方、プールの種類、広さなどを写真とともにご紹介していきたいと思います。

 

それでは、レッツゴー!

スポンサーリンク

ラササヤンとゴールデンサンズの位置関係は?

まず、今回ご紹介する「ゴールデンサンズリゾート」と「シャングリラリゾートラササヤン」の位置関係をご紹介しましょう。

ご覧のとおり500m程度の距離で隣り合っています。地図上では500mですが、建物の端から端までだと500mもありません。

 

ちなみに、クラブラウンジのあるラサウイングは「シャングリラリゾートラササヤン」の西の端にあるので「ゴールデンサンズリゾート」へも近いのです。

 

シャングリラ・ラササヤンリゾート宿泊記!アクセスやお部屋を紹介!ラサ棟とは?
ペナン島のリゾートエリア「バトゥフェリンギ」にあるシャングリラ・ラササヤンリゾートの宿泊記です。ホテルへのアクセスや場所、宿泊料金やホテルの外観をご紹介!お部屋の様子やラサウイング(ラサ棟)とガーデンウイングとの違いを調査!

 

スポンサーリンク

ラササヤンからゴールデンサンズへの行き方は?

ということで、ラササヤンからお隣のゴールデンサンズまで、どうやっていくのか?をご紹介します。

カートで移動

隣接しているとはいえ、両ホテルの敷地は広いです。歩くと5分程度はかかります。

 

そんな時に便利なのは、ゴルフ場などにあるカート。これが、ラササヤンとゴールデンサンズの玄関に常時待機してくれています。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

寺田 誠(@makoto_com1103)がシェアした投稿

写真はラササヤンのカートじゃありませんが、同じようなやつで送ってくれました。

 

カートの近くにいるホテルマンに「ゴールデンサンズ!」と言うとすぐに、カートを出してくれます。 帰りも、ゴールデンサンズのエントランスで「ラササヤン!」と伝えれば大丈夫。

 

帰る時の注意としてラササヤンには、棟がラサウイングとガーデンウイングがあるので、それも合わせて伝えておきましょう。

 

ちなみに、両ホテルの敷地は隣接しており、カートは駐車場やホテル施設を縫うように走って、敷地外に出ることなく、送り届けてくれます。

 

ビーチを歩いて

日中ならビーチを歩いてゴールデンサンズに向かうのも良いでしょう。

ビーチに面したラササヤンの中庭を、ゴールデンサンズ方向へ歩くと、ゴルフコースとビーチに挟まれた小道が見えてきます。

その小道をしばらく歩くと、ゴールデンサンズのビーチです。海の家的な建物もあります。

掘っ立て小屋のような海の家を通りすぎると、すぐにゴールデンサンズのプールが見えてきます。

部屋から水着でそのまま行けるので、日の高いうちはカートよりもオススメです。もちろん、ホテル前の車道を普通に歩いても、ゴールデンサンズには、たどり着けますよ。

スポンサーリンク

ゴールデンサンズのプールを紹介!

では、ゴールデンサンズのプールについていよいよご紹介します。

 

ゴールデンサンズには、メインプールとスライダーが繋がっているプール、そして、子供が喜ぶキッズゾーンがあります。ということで一つずつ、見ていきましょう。

メインプール

ホテルの建物をバックに広がるのが、こちらのメインプールです。

浅い場所から深いところまであり、アクアビクスや子供向けの色んなイベントも開催されています。

日よけに覆われたスペースもあって、広さはラササヤンと甲乙つけがたいと思います。客層は、ゴールデンサンズよりもファミリー向けなため子供が多かったです。

 

 

ウォータースライダー

ゴールデンサンズにはラササヤンリゾートには無い、ウォータースライダーがあります。

 

こんな感じで二本あって、緑は短め、白い方はらせん状になっているのでちょっと長いです。スライダーの入口には、ライフセーバーが常に目を光らせているので、安心です。

キッズコーナー

プールじゃないけど、子供が喜ぶキッズコーナーがこちら。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Shangri-La Golden Sands(@goldensandsresort)がシェアした投稿

時間が経つと大きなバケツから水が降り注ぐ仕掛けや、水のトンネルなんかがあって、当時2年生だった、たろうも楽しそうに行ったり来たりしていました。

 

プールの充実度をラササヤンリゾートと比べると、子供が喜ぶ色んな仕掛けがある、ゴールデンサンズに軍配が上がります。

スポンサーリンク

まとめ

以上、「ゴールデンサンズリゾートペナンのプールを調査!ラササヤンからの行き方は?」をご紹介しました。

 

スライダーもあって、プールはラササヤンよりもゴールデンサンズの方が楽しいことは間違いありません!

 

ただ、ゴールデンサンズにはクラブフロアの設定が無かったり、ホテルのグレードや、雰囲気はラササヤンの方が高級感があります。

 

甲乙つけがたいのですが、さとん的には、ラササヤンに泊まって、ゴールデンサンズのプールを使わせてもらう、という今回の利用方法が正解だったかな、という感じがいたします。宿泊料金もそれほど大きく違わないので。

 

ま、どちらに泊まるかは好みの問題もありますので、あなたのお好みに合わせてプランニングしてみてください!

それでは!

 

海外旅行保険は加入済ですか?
クレジットカードに自動で付いてくる海外旅行保険がオススメです!

 

エポスカード
EPOSカード

ファッションビル「マルイ」が発行しているカードです。

年会費はもちろん無料!即日発行可能!
マルイの店頭受取り可能!
旅行の前日に申し込んでも大丈夫!
(所定の審査はあります)

補償内容も年会費無料のクレジットカードの中では抜群!
<海外旅行補償内容抜粋>
・疾病治療費用 270万円
・携行品損害 20万円(免責3,000円)
補償内容詳細は下記URLでご確認ください。

Booking.comカード

カード会員はホテル予約サイトBooking.comの予約が最大16%OFF!

ホテルによってはレイトチェックアウトやウェルカムドリンクのサービスも無料で付いてきます。

年会費は当然無料で、海外旅行保険も自動付帯。
おまけに、今なら¥5000キャッシュバックキャンペーン中です!

<海外旅行補償内容抜粋>
・疾病治療費用 100万円
・携行品損害  20万円(免責3,000円)
補償内容詳細は下記URLでご確認ください。

三井住友VISAゴールドカード

年会費永年無料!ではないですが、
「カード年会費初年度無料キャンペーン中」です。
(通常年会費:税抜10,000円+税)

この機会にゴールドの補償内容をお試しください!

<海外旅行補償内容抜粋>
・疾病治療費用 300万円
・携行品損害  50万円(免責3,000円)
補償内容詳細は下記URLでご確認ください。

コメント