台北MRTの悠遊(イージー)カードのチャージ方法や払戻方法を紹介!

スポンサーリンク
台湾お役立ち情報!
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

どーも!「子連れさとん.com」管理人のさとんです。

台北の街歩きには欠かせない、交通系ICカード「悠遊カード」。前回は、とっても便利な悠遊カードの買える場所やオススメ購入スポットをご紹介しました。

今回は、そんな便利な悠遊カードのチャージができる場所や方法、さらには、使わなくなったときの払戻方法をご紹介します。

 

それでは、行ってみましょう!

 

スポンサーリンク

悠遊カードがチャージできる場所は?

まずは、悠遊カードがチャージできる場所です。

 

コンビニ
MRT各駅のインフォメーションカウンター
MRT各駅の券売機近くにあるチャージ端末

 

主にこの三ケ所で、悠遊カードはチャージ可能です。

スポンサーリンク

悠遊カードチャージの方法

では、悠遊カードのチャージ方法を場所毎にご紹介します。

コンビニ

街のコンビニで、チャージができます。

 

さとんは、中国語の会話はできないので(英語もですが、笑)だいたいいつも筆談です(笑)

チャージにあたる「加値」と、お願いします「請」を合わせた、「請加值(読:ちん じゃーずー」と書いたメモを見せて御辞儀m(_ _)mすれば店員さんはやってくださいます。

 

終わったら「謝謝」の言葉をお忘れなく。

インフォメーションカウンター

駅の有人カウンターも、コンビニと同様です。メカが苦手(死語だな、笑)な人は人力に頼るのが良いかもしれません。

 

チャージ端末

人とのコミュニケーションが苦手な方は、機械でチャージができます。MRTの各駅にある自動券売機と一緒にこんな端末が並んでいます。

これが、チャージ端末です。「加値機」と書いてあります。端末の操作方法は至って簡単です。見ていきましましょう。

ディスプレイの表示は、日本語メニューにも変えられますが、漢字なので変更しなくてもニュアンスだけで大丈夫です。「加値」Top-Upをタッチして、カード置き場に悠遊カードをおきます。

ディスプレイ横のカード置き場にカード置いたら、ディスプレイの表示が下のように変わります。

残高が表示され、紙幣は15枚、硬貨は20枚まで投入できると表示されます。入金すると、投入した金額が画面に表示されます。

金額に間違いがなければタッチパネルの「下一歩(NEXT)」と書かれたボタンをタッチ。ディスプレイに「加値成功」と出れば、チャージ成功です。カードを忘れないように。

 

機械でチャージするのにおすすめは、やたら貯まってくる小銭。有人カウンターだと、小銭をジャラジャラ渡すのは気が引けますが、機械ならそんな気遣いは無用です。

 

財布が重くなってきたな、なんて時に、貯金箱代わりにチャージすると財布も軽くなって一石二鳥です。一元硬貨から五十元硬貨まで種類問わず一度に20枚まで投入できます。

 

慣れれば10秒もかかりませんので、駅の端末でチャージするのが一番早いですね!

スポンサーリンク

悠遊カード払戻の方法は?

最後に、悠遊カードを使わなくなった時に払い戻す方法をご紹介します。

 

払い戻しには、購入後三ヶ月経過かつ5回以上使ってないと20台湾元の手数料がかかります。

 

台湾好きのさとんとしては、カードに有効期限はありませんので、二度と台湾には来ない!という強固な意思を持っている方以外は、次回のためだったり、思い出に持って帰ってほしいな、と思います。

 

悠遊カードは二年未使用だとロックがかかるという噂もありますが、それも100元以上再チャージすれば解除されるそうです。

 

それでも、払い戻したい!というあなた。駅のインフォメーションカウンターへ行きましょう。カウンターへ行ったら、いつもの筆談です。英語が通じれば良いんですがね(^^;

 

払い戻してください、は「請給我退款」です。英語では「Refunds please」ですが、通じるかどうかは担当者しだいなところがあり、未知数です。

 

メモ帳に、書いてカードを差し出せば、払い戻しは完了です。

スポンサーリンク

まとめ

ということで、「台北MRTの悠遊(イージー)カードのチャージ方法や払戻方法を紹介!」をお届けしました。

 

悠遊カードを持たずにMRTに乗ると、毎回切符を買わないといけません。券売機の行列に並び、運賃や区間を確かめて…なんてやってる間に電車が一本出てしまうかも。

 

旅先の貴重な時間の節約のためにも、悠遊カードは持ちましょう!ツアー旅行で台北に行くあなたも、自由行動があるなら、悠遊カードは持っていて損はしません。

 

台湾観光局のホームページで、昔、悠遊カードの無料配布キャンペーンなんかをしていた時期もありました。そんなキャンペーンをやってたらラッキー、という気持ちで覗いて見てはどうでしょうか?

 

https://jp.taiwan.net.tw/

 

ちなみに、この記事を書いている2019年4月には「台湾新幹線「二人一緒で、一人無料に」なんていう太っ腹なキャンペーンをやっているそうですよ!

 

皆様の台湾旅行が楽しいものになりますように。

 

それでは!

 

 

 

海外行くならWi-Fiルーターは必需品!

グローバルWiFi

海外WiFiレンタルのグローバルWiFi。
さとんが利用した海外Wi-Fiの中では一番安定性抜群でした!
いつでもどこでもつながるのが大きな魅力です!

さらに受取・返却場所は国内16空港2営業所にのぼり
電話やLINEでの問合せに対応するなど
サポート体制も万全です!

当サイトから申込いただくと
5%offのキャンペーン中!!

<参考価格>
台湾での利用料金目安
¥921~/250MBまで(1日)
ハワイでの利用料金目安
¥921~/250MBまで(1日)
※補償費用などの諸経費は含みません

jetfi(じぇっとふぁい)

jetfi(ジェットファイ)は1日410円からレンタルできる
コスパ抜群の海外Wi-Fiルーターです。

全国の空港コンビニでも受取可能!
さらに2か国以上の利用でも同一料金で利用でき
周遊旅行や乗り継ぎ時に力を発揮します!

アジアでの利用料金目安
¥410~/350MBまで(1日)
グローバルプラン 
¥580~/350MBまで(1日)
※補償費用などの諸経費は含みません

Wi-Ho!(ワイホー)

海外用携帯電話のレンタルでよくお世話になった
テレコムスクエアさんが運営する
レンタルWi-FiがWi-Ho!です。

jetfiと比較すると割高にはなるものの
業界最安級の価格でルーターがレンタル可能です。

全国6空港でしか利用できないのが惜しいのですが
使える場所にお住いの方は、候補に入れておいて
間違いはありません!

<参考価格>
台湾での利用料金目安
¥590~/300MBまで(1日)
ハワイでの利用料金目安
¥750~/300MBまで(1日)
※補償費用などの諸経費は含みません

イモトのWiFi

イモトのWiFiは、タレントのイモトアヤコさんを
イメージキャラクターに据えたWi-Fiルーターです。

CMでもおなじみなので、知名度も抜群ですね!
値引きキャンペーンをうまく利用すれば
格安料金で使えます。

<参考価格>
台湾での利用料金目安
¥1080~/500MBまで(1日)
ハワイでの利用料金目安
¥1580~/500MBまで(1日)
※補償費用などの諸経費は含みません

コメント