台湾の鼎泰豊(ディンタイフォン)!メニューや料金、待ち時間を紹介!予約は?

スポンサーリンク
海外旅行豆知識
この記事は約7分で読めます。
スポンサーリンク

どーも!「子連れさとん.com」管理人のさとんです。

 

2019年のお正月に台北へ行きました。

 

前回から七回に分けて、滞在中に利用したレストランをご紹介しています。二回目の今回は、台北で最も有名なお店と言っても過言ではない「鼎泰豊」です。

 

誰だ?ベタだなあ、なんて言うのは?!なんだかんだ言っても、有名店というのはハズレはないんです!

 

てことで、鼎泰豊(信義本店)の住所や営業時間などの基本情報やアクセス、メニューの一覧やお料理の料金(お値段)を調べてみました。さらには、待ち時間や予約ができるのかどうか?感想と合せてご紹介したいと思います。

 

それでは、レッツゴー!

 

スポンサーリンク

鼎泰豊の基本情報とアクセス

まずは、鼎泰豊の基本情報とアクセスについてです。台北市内だけでなく世界中に店舗がある鼎泰豊。今回は台北本店(信義本店)についてご紹介しています。

 

鼎泰豊(信義本店)の基本情報

鼎泰豊(信義本店)の基本情報がこちら。

店舗名:鼎泰豊(信義本店)
住所:106台北市大安區信義路二段194號
営業時間:10:00-21:00/土日祝は9:00開店
定休日:12/31~1/2まで
連絡先:+886 2 2321 8928(TEL)

 

鼎泰豊(信義本店)へのアクセス

鼎泰豊(信義本店)へのアクセス情報です。

最寄り駅:MRT信義淡水線「東門駅
最寄り駅からの距離:5番出口 出てすぐ(150m)

鼎泰豊(信義本店)の地図がこちらです。

上述のとおり、鼎泰豊(信義本店)はMRT信義淡水線「東門駅」駅の出口からすぐの所にあります。店舗の前は、いつも黒山の人だかり。周囲のお店から苦情がこないのか?と思ったり(笑)

これはまだ、少ない方ですね。

スポンサーリンク

鼎泰豊のメニューを全部紹介!オススメも!

では、鼎泰豊(信義本店)のメニューをご紹介しましょう。

 

鼎泰豊(信義本店)メニューを写真で!

メニューの写真を撮ってきたのでご覧ください!(2019年1月時点のメニューです)

鼎泰豊の店頭にもメニューが掲示されています。待ち時間にチェックして、あれも食べたい、これも食べたい、と思いを巡らせるのもよろしいかと。

 

鼎泰豊(信義本店)のオススメメニュー!

鼎泰豊のオススメメニューの紹介です。小籠包というイメージが強いですが、小籠包以外のメニューも美味しいんです!今回、さとん一家が食べた小籠包以外のオススメメニューがこちら。

料理の頭の数字は、先ほどご紹介したメニュー表と符合しております。

えびチャーハン  240台湾元(840円程度)
エビワンタンメン 180台湾元(630円程度)
A菜炒め     190台湾元(665円程度)

日本円に直すと、そこそこ良いお値段しますね(^^;とはいえ、家族でシェアできるボリュームなので高い!少ない!という感じにはなりません。

 

なにより、鼎泰豊に限らず、台湾のお料理は優しい味が多いので子供にも安心して食べさせることができる、というのは、子連れにとって大きなメリットです!

スポンサーリンク

鼎泰豊(信義本店)の待ち時間や感想は?

続いては、鼎泰豊(信義本店)の待ち時間・混雑状況や、食事をした感想をご紹介します。

待ち時間と受付方法

店舗の入り口付近にある電光掲示板で、待ち時間の目安がわかります。この日は35分待ちと出ていました。

受付は店内に入ったところにいるお姉さんに、人数を伝えると整理番号が書かれた紙をくれます。受付を済ませたら店頭の電光掲示板に番号が表示されるまで待つだけです。

 

お姉さんは、カタコトの日本語や英語を話せる方も多いので大丈夫!待ち時間が長い場合は、受付を済ませて裏手にある永康街を散策するのも良いでしょう。

 

日本にもあるスイーツショップ「アイスモンスター」の本店が鼎泰豊のすぐ近くにあります。ま、食べ過ぎると肝心の鼎泰豊が食べられないので、ほどほどに。

 

いざ鼎泰豊の店内へ!

電光掲示板に整理番号が表示されたらいよいよ店内へ。

 

回転が良いと結構早くに順番が回ってくるので、三十分程度の待ち時間ならお店の前にいる方が無難です。今回も35分待ちとなっていましたが、20分程度で順番が回ってきました。

 

店舗の間口は狭いのですが四階建てのビルになっており、かなりの人数を収容できます。中の階段が狭いので火事になったら大丈夫なのかしら?と思うこともあります(^_^;)

 

鼎泰豊のオススメお料理!

鼎泰豊のオススメのお料理ということですが、ま、言うまでもなく小籠包は、マストですよね。

 

台湾の鼎泰豊で小籠包を食べてしまうと日本の鼎泰豊には行けなくなってしまいます。価格が違いすぎるんだもん…

さらに、小籠包以外のメニューも多く、いつもついつい頼みすぎてしまいます。おすすめは、空芯菜炒めや、プリプリのエビが入ったエビチャーハン。子どもたちも大好きです。

 

この日、空芯菜炒めは販売終了になっていたので、食べたことのなかったA菜炒めを代わりに注文。クセが無くて、シャキシャキで空芯菜に勝るとも劣らない絶品でございました。

 

いつ来ても店員さんはキビキビと働いていて、料理が出てくるのも早く、お客さんの回転が速い理由がなんとなくわかります。

 

のんびり飲茶という雰囲気ではありませんが、やはり、台北に来たら外せない一店だと思います。

スポンサーリンク

鼎泰豊は予約できる?

最後に、鼎泰豊は食べたいけれど、行列なんかいやだ!という方のために鼎泰豊のオススメ予約方法をご紹介します。

 

それは、鼎泰豊の食事付き観光プランを利用すること。

 

さとんが良く使う、オプショナルツアー専門のVELTRAさんには、いくつか鼎泰豊の食事付き観光プランが用意されています

 

 

オプショナルツアーは、旅行会社で手配しちゃったしなあ、という方にはこちら!

鼎泰豊(ディンタイフォン) 食事券+事前予約サービス 優先入場つき

ツアーではなくバウチャーなので、自力で店頭まで行く必要はありますが、事前予約&印刷バウチャー提示で優先入場ができる優れものです。

 

2019年のGW10連休も台湾は大人気だったと思いますが、鼎泰豊の行列も相当なものだったそうです。そんな時でも、VELTRAさんのこのプランなら、あっという間に入場できたとか。

 

内容はこんな感じ。

【価格】1人 650台湾元(2,275円程度)
【含まれるメニュー】
小籠包、えびシュウマイ、肉野菜蒸餃子、えび餃子、炒飯、野菜炒め、酸辣湯(サンラータン)、こし餡薄皮包み
※これ以外のメニューも追加オーダー可能です(現地精算)

 

こんなに食べないし、いくつか頼んでシェアしたいな~て方なら、こちらの海外旅行者向けのレストラン予約サービスグルヤクが良いかもしれません。

 

 

こちらは、座席予約のみでも対応してくれます。有料にはなりますが、行列はキライだ!という方や、せっかく海外に来たんだから効率よくスケジュールを組んで周りたい!という方にはオススメです。(ただし、時期によっては適用除外日も存在します。悪しからず)

 

他には、カード会社のラウンジや、ホテルのコンシェルジュから予約してもらうというのもあります。

 

ただ、鼎泰豊がそうした予約を受け付けているかどうかは、現地へ行ってみてのタイミング次第という部分がありますので、確実性には欠けるかもしれません。

スポンサーリンク

まとめ

ということで、以上「台湾の鼎泰豊(ディンタイフォン)!メニューや料金、待ち時間を紹介!予約は?」をご紹介しました。

 

鼎泰豊といえば、小籠包。小籠包といえば、鼎泰豊とも言える台北の王道のレストラン。まずは、ここの小籠包で台湾のスタンダードを味わってから、色んな小籠包を食べに街へくり出すのが、さとん個人的にはオススメです!

 

皆様の台北旅行がより良いものになりますように!それでは!

 

 

 

 

海外旅行保険は加入済ですか?
クレジットカードに自動で付いてくる海外旅行保険がオススメです!

 

エポスカード
EPOSカード

ファッションビル「マルイ」が発行しているカードです。

年会費はもちろん無料!即日発行可能!
マルイの店頭受取り可能!
旅行の前日に申し込んでも大丈夫!
(所定の審査はあります)

補償内容も年会費無料のクレジットカードの中では抜群!
<海外旅行補償内容抜粋>
・疾病治療費用 270万円
・携行品損害 20万円(免責3,000円)
補償内容詳細は下記URLでご確認ください。

Booking.comカード

カード会員はホテル予約サイトBooking.comの予約が最大16%OFF!

ホテルによってはレイトチェックアウトやウェルカムドリンクのサービスも無料で付いてきます。

年会費は当然無料で、海外旅行保険も自動付帯。
おまけに、今なら¥5000キャッシュバックキャンペーン中です!

<海外旅行補償内容抜粋>
・疾病治療費用 100万円
・携行品損害  20万円(免責3,000円)
補償内容詳細は下記URLでご確認ください。

三井住友VISAゴールドカード

年会費永年無料!ではないですが、
「カード年会費初年度無料キャンペーン中」です。
(通常年会費:税抜10,000円+税)

この機会にゴールドの補償内容をお試しください!

<海外旅行補償内容抜粋>
・疾病治療費用 300万円
・携行品損害  50万円(免責3,000円)
補償内容詳細は下記URLでご確認ください。

コメント